女性の髪

女性にも多い薄毛の悩みや白髪が急に増えるなど髪の悩みはやってくる

投稿日:

自分でできるヘアケアに限界を感じたら、頭髪治療の専門医がいるクリニックがいいでしょう。来院者数は増えているとはいうものの外来を訪れる女性はそれほど多くありません。専門クリニック自体があまり知られていないのがその要因でしょうか。 薄毛や抜け毛が気になりはじめると、まず、育毛効果があるとされているシャンプーや コンディショナーに変えるといいでしょう。

また市販の育毛剤を使う、マッサージをする、薄毛が目立つ部分を隠すといった自分でできるケアから試す人が多いよう です。病院で受診される場合、まずは一般の皮膚科を訪れる方が多く更年期と重なる世代だと婦人科を受診する方もいらっしゃいます。 しかし、保険診療でできる治療には限界があり、より踏み込んだ治療は難しいのが現実 です。一方で、頭髪に対し専門的に取り組んでいる医師のいる専門クリニックが徐々に増 えていますのでまずはその存在を知っていただければと思います

頭皮と髪の構造を知ることも大事です。髪は先が伸びるのではなく、根元が成長します。 髪の毛は頭皮の外側に生えている部分と頭皮の内側に潜っている部分からできており、外側にみえている部分が毛幹、みえない部分は毛根といいます。 毛幹は表皮から発生する皮膚が変化したものでケラチンというたんぱく質でできています。毛幹の部分には自分を自分で修復する力がなく傷んでしまうと元に戻りません。

髪の毛を作っているのは毛根のうち毛球と呼ばれる部分ですから、いきいきとした髪の毛を保つには、この毛球にがんばってもらわなくてはなりません。毛球の中には毛母細胞が詰まっていて中心に毛乳頭という組織があります。周りの毛細血管から酸素や栄養をとり込む役割も受け持ち、健康な髪をせっせと作り出しています。 毛母細胞は毛乳頭の命令通りに動いて、成長期には細胞分裂を繰り返し分裂した細胞が角化といってだんだんかたい髪に変わっていきながら上へ上へと伸びていき、やがて 頭皮から顔を出します。

女性の髪に現れる変化は個人差がありますが、女性の薄毛·抜け毛の要因はいろいろです。加齢による髪の悩みは多かれ少なかれどなたにも現れます。「パサつきやすくなった」「髪の毛が細くなった」 「切れやすい」「頭皮が乾燥する」といった声はよく聞かれます。一方で個人差がとて も大きいのも特徴です。

若い頃は髪のハリやコシ、ボリューム感も十分ですが、加齢とともに徐々に髪のうねりのような変化が出はじめることもあります。これは髪が乾燥しやすくなって、空気中の水分を含んでしまうためです。更年期前後では多くの女性が変化を実感します。

これまでのようにヘアスタイルが決まらなくなり分け目の地肌が目立ったリ、一気に白髪が増えてしまったり女性ホルモンの影響、食生活の乱れや生活習慣が出る年齢となりますから注意が必要です。

-女性の髪
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アミノ酸系シャンプーを愛用して髪はどう変わったか?

市販の高級アルコール系(石油系ともいう)のシャンプーから、アミノ酸シャンプーに変えて1年以上たちます。 いろいろな種類のアミノ酸シャンプーを使ってみて思うことは、本当に使ってみないとわからない。 広告 …

髪を傷めないヘアケアと傷んだ髪に効果的なシャンプー

正しいブラッシングとシャンプーの方法で傷んだ髪は改善します。 毎日、何気なくしているシャンプーを今一度見直しませんか?髪は女の命と昔は言われていました。現在は当然のようにヘアケア製品があふれています。 …